スキンケアをする女性

ニキビは、思春期ニキビと大人ニキビの大きく二種類に分けられます。思春期ニキビとは主に10代前半から10代後半にかけてできるニキビで、いわゆる青春のシンボルと呼ばれるニキビです。大人ニキビは、20代や30代など大人になってからできるニキビのことです。どちらもニキビには変わりありませんが、できる原因や適切な対処法に違いがあります。

ニキビができるメカニズムは、毛穴に詰まった皮脂や埃が酸化し、アクネ菌が繁殖するからです。思春期は皮脂の分泌が活発であるため、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌を増殖させてしまいます。そのため、思春期ニキビは主にTゾーンなど皮脂の分泌が多い場所にできやすいのが特徴です。思春期を過ぎてホルモンバランスが安定すると皮脂の過剰分泌もなくなり、自然に消滅していきます。一方、大人ニキビは思春期ニキビとは違い、複数の原因が重なってできるのが普通です。不規則な生活や偏った食生活、ホルモンバランスの乱れなどで肌のターンオーバーが正常に行われなくなるのが大きな原因の一つにあげられます。肌のターンオーバーが正常に行われなくなると、古い角質が肌表面に溜まり毛穴の詰まりを引き起こします。そのため、毛穴の中にアクネ菌が繁殖してニキビができてしまうのです。

思春期ニキビと大人ニキビは原因が異なるため、対処法も異なります。まず、思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因であることから、皮膚を清潔にすることが改善の第一歩です。朝と晩の1日2回洗顔を行い、保湿を行うのが基本となります。洗顔はしっかりと洗顔料を泡立て、ニキビを直接触らないように泡で優しく包み込むように洗うのが正解です。また、すすぎ残しがあるとニキビの原因となるため、泡をしっかりと洗い流すようにしましょう。洗顔の後は、化粧水や乳液でしっかり保湿をすることも大切です。皮脂の分泌が過剰だから何も塗らないというのは、間違った対処法です。肌は乾燥すると、それを補おうと皮脂をたくさん分泌します。そのため、洗顔後に保湿せず肌を乾燥させると、さらなる皮脂の過剰分泌を引き起こすことになります。また、紫外線のダメージもニキビの原因となるため、日焼け止めを塗るのも忘れないようにしましょう。

大人ニキビは原因がいくつも重なり合ってできるため、思春期ニキビのように自然に解消されることもなく、長期化するのが一般的です。対処法も一筋縄ではいかず、洗顔と保湿という基本的なスキンケアを行うとともに、肌のターンオーバーを正常にするために規則正しい生活習慣やバランスのとれた食生活などを心掛けることも必要です。肌のターンオーバーを正常化するためには、質の高い睡眠も大切になります。肌の修復作用を行う成長ホルモンは、熟睡中に活発に生成されるという特徴があります。そのため、肌のゴールデンタイムと呼ばれる午後10時から午前2時の間に熟睡するよう心掛けることが大事です。また、飲酒や喫煙、ストレスも肌のターンオーバーを乱す原因とされています。お酒の量を控えたり、禁煙してみるなど肌に悪いとされていることは避けるのが賢明です。仕事でのストレスはなかなか避けられませんが、旅行に行ったり趣味に没頭したりと、自分なりのストレス解消法を見つけるのが良いでしょう。そのほか、間違ったスキンケアも大人ニキビの原因となることがあります。そのため、肌に合わない化粧品は使わないようにしたり、できるだけ添加物が使用されていないものを選んだりと、肌に負担をかけないスキンケアを心掛けるようにしましょう。美容成分の中には、刺激の強いものもあるので、特徴を知ったうえで使うことも大事です。

記事一覧
通販でニキビ治療薬を購入するなら信頼性の高いサイトを選ぼう

ニキビ治療薬は薬局で購入することもできますが、個人輸入通販サイトを利用するのがおすすめです。個人輸入通販サイトを利用するメリットは、日本では承認されていないニキビ治療薬を購入できることがあげられます。海外でどれほど高い評価を得ているニキビ治療薬でも、薬事法で承認されていない成分が使用されているものは...

2020年05月22日
生理周期とニキビの関係を知り再発を防いできれいな肌を保つ

生理周期とニキビには、密接な関係があります。なぜなら、生理周期によって分泌されるホルモンの量が異なるため、ホルモンバランスの変動により肌の状態も変動するからです。女性ホルモンには様々な種類がありますが、肌の状態を左右するのは卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。卵胞ホルモンは月経後から排卵までの間活発に分...

2020年06月30日
ニキビケアにはケミカルピーリングも効果的というのは本当?

ケミカルピーリングは、グリコール酸などの薬剤を使い古い角質などを表皮からはがす美容施術です。しみや小じわのケアに利用される施術ですが、ニキビケアにも効果があります。美容皮膚科などでニキビの治療として行われる最もポピュラーな方法です。ケミカルピーリングがニキビに効果があるメカニズムは、表皮の角質をはが...

2020年06月10日
ニキビ治療薬で有名なダラシンTゲルの特徴と期待できる効果を確認

ダラシンTゲルは、赤ニキビや膿んだニキビに特化したニキビ治療薬です。クリンダマイシンという抗生物質を主成分とする薬で、抗菌作用がありアクネ菌を殺菌しニキビの炎症を抑え改善します。無色透明の外用薬で、赤ニキビや膿んだニキビにピンポイントで使用します。ダラシンTゲルの有効率は、クリンダマイシン配合率が1...

2020年05月07日
ニキビ治療薬として知られるアダパレンの特徴と正しい使い方を理解する

アダパレンは世界各国はもちろんのこと、日本でも一般的に処方されている安全性の高いニキビ治療薬で、アダパレンが主成分となります。主成分のアダパレンはビタミンA誘導体と同じような働きをし、表皮の角化細胞の分裂を抑制し毛穴が狭くなるのを防ぐ作用があります。毛穴が広げられて詰まりにくくなるため、ニキビを予防...

2020年04月20日
ニキビ治療薬として有名なアジダームクリームの正しい使い方を知る

アジダームクリームは日本では未承認であるものの、アメリカでは一般的なニキビ治療薬です。アジダームクリームには、アゼライン酸が配合されているのが特徴です。アゼライン酸は日本では医薬品として認められていないものの、アメリカやヨーロッパをはじめ世界80カ国で承認されている信頼度の高い成分なので、安心して使...

2020年04月07日